シェアする

WordPressのテストサーバーを作ろう!(WordPressインストール編)

mampにWordpress

前回はWordPressをローカル(オフライン)で使うために、MAMPを導入するところまで書きました。こんにちは、naprout(@naproutTV)のorphenです。

今回は実際にローカルサーバーへWordPressをインストールする方法について書いていきたいと思います。

《前回のブログ》WordPressをローカルで!テストサーバーを作ろう!(MAMP導入編)

WordPressをローカルで!テストサーバーを作ろう!(MAMP導入編)
Wordpressのカスタマイズを行なう際に、テスト環境を準備することは重要です。今回はMAMPを使用し、ローカル環境でもWordpressが使用できるように設定します。ダウンロードからインストール、PHPとデータベースの設定までを行います。

MAMPにWordPressをインストール

WordPress日本語版からWordPressをダウンロード

htdocs

WordPress本体をアプリケーション][MAMP][htdocs]にフォルダごと移動します。

複数のサイトを作っている場合は、サイトA、サイトBとフォルダを作って分けておくと便利です。例えば私の場合は、naproutとtravelで分けています。

ローカルサーバー上で設定

MAMPを起動している状態で「http://localhost/wordpress」にアクセス。(複数のサイトを作る事を仮定してフォルダを作った方は、そのフォルダに対応しているURLになります。)

アクセスすると下記の様な表示が出るので、「設定ファイルを作成する」をクリック。

wp設定ファイル

WordPressを始めるのに必要なものの一覧が出てきます。ここまで揃っているかどうか確認したら、「さあ、始めましょう」をクリック。

wordpress初期設定

データベースの設定

wordpress初期設定

まずは、データベースの設定をしていきます。この前の「初めてのブログ講座その4 WordPressのインストール方法(さくらのレンタルサーバー編)」では、クイックインストールを使用したため出てこなかった項目です。

設定項目

  • データベース名 MAMPでデータベースを作成した時の名前
  • ユーザー名   MySQLのユーザー名(初期設定はroot)
  • パスワード   MySQLのパスワード(初期設定はroot)
  • データベースのホスト名 初期設定はlocalhost
  • テーブル接頭辞 任意の英数字(例:wp_)

入力が終わったら「送信」をクリック

サイトの設定

wp初期設定

続いて、サイトのタイトル等を設定していきます。ここも入力項目に沿って入力していきます。

設定項目

  • サイトのタイトル
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
  • プライバシー…今回は、ローカル環境でカスタマイズなどをするため、チェックを外します。

全ての入力が完了したら、「WordPressをインストール」をクリック!

以上で、ローカル環境でWordPressを利用する環境が整いました。テスト環境が完成したので、これからどんどんカスタマイズしていきしょう!

*番外編(外部からのアクセス制限)

テストサーバーなので自分だけがアクセス出来れば十分なので、外部からアクセス出来ない様に「独学!未経験からWebデザイナーになる!!」様の下記のページを参考に設定させていただきました。
参考:独学!未経験からWebデザイナーになる!!

旅ブログ「travel.naprout」とYouTubeチャンネル「naprout.TV」を運営。旅とおいしいものが大好きなカメラ女子。これまでのブログ運営や仕事での経験を活かして、ブログの始め方講座などを開始しました。