〈台湾グルメ〉台北夜市のおいしいもの6選!/饒河街夜市、寧夏夜市など

〈台湾グルメ〉台北夜市のおいしいもの6選!/饒河街夜市、寧夏夜市など

06/18/2020
台湾旅行

はい!皆さん、こんにちは、ナプラウトTV(@naproutTV)のorphenです。

台湾の夜は夜市へ行かないと始まらない!

台湾旅行総集編 第2弾は、みんな大好き!夜市のおいしいグルメを6つ紹介します。皆さんのお気に入りのお店もコメント欄やツイッターなどで教えてくださいね♪

スポンサーリンク

台湾の夜といえば夜市はハズせない

台湾旅行の楽しみの1つである食べ歩き。台湾はおいしいものが多くて、ついつい食べすぎてしまうのですが、やっぱり夜もしっかり食べ歩きたいですよね。

そんな欲求を満たしてくれるのが「夜市」です。ガイドブックに必ず載っていて、台北で1番有名な「士林夜市」を筆頭に、饒河街観光夜市、寧夏夜市、雙城街夜市、臨江街夜市など、台北だけでもたくさんの夜市があります。

夜市も屋台もたくさんで何を食べたらいいのか分からないという方のために、今回は10回以上台湾を訪れている私のおすすめを6つ紹介します。

饒河街観光夜市入口すぐの熱々胡椒餅

胡椒餅

MRT・台湾鐡路「松山」駅からすぐの饒河街観光夜市。真っ直ぐ伸びた路地に沿って、屋台がたくさん並んでいます。

そんな中で1番人気なのが、入口すぐの胡椒餅!皮はカリカリ、中のお肉は熱々ジューシー。

いつもたくさんの人で賑わっています。パッと見はたくさん並んでいますが、焼き立てを次々と渡してくれて見た目よりも待ち時間をはずっと短いです。

こちらの屋台は胡椒餅だけで勝負していて、メニューは胡椒餅しかありません。そのためいくつ欲しいかをジェスチャーで示すだけで簡単に購入できます。

名店がたくさん!寧夏夜市

寧夏夜市

雙連駅や中山駅から少し歩いたところにある寧夏夜市は、地元客もたくさん訪れるグルメ夜市。寧夏路の両端に屋台が配置され真ん中が通路になっているのですが、人気夜市なだけに歩くのも大変なぐらい混み合っています。

そんな寧夏夜市からは3店紹介します。ここの夜市で気になっている屋台はまだまだあるのですが、なかなか全部は巡れません。

台北で鶏肉飯といえば方家鶏肉飯

方家鶏肉飯
左下:鶏肉飯 上:青菜炒め 右下:滷肉飯

まず1店目は大好きすぎてリピートしまくっている方家鶏肉飯。日本では滷肉飯(魯肉飯)が人気ですが、嘉義名物の鶏肉飯もおいしくて、おすすめです。

滷肉飯と比べてあっさり目の味付けですが、だからといって味が薄いわけでもなく、脂っこくなくてとても食べやすい1品です。本当は本場の嘉義で食べてみたいけど、3泊4日の台湾旅行では時間が足りないというお悩みをかかえる台湾リピーターにとって有難い存在だったりします。

本当なら今年の4月〜5月にかけて台湾を1周回る時に嘉義で本場の味を楽しむ予定だったのですが、ご覧のとおりのご時世。台湾へ渡航できるようになったらリベンジを誓っています。

肉厚ジューシー!悪魔鶏拝

悪魔鶏拝

鶏拝は、顔ぐらいの大きさがありそうな大きなフライドチキンです。台湾独特のスパイスがかかっていて、スパイスの風味と鶏肉のハーモニーが良い感じです。

注文を聞いてから揚げ直してくれるため熱々が食べられます。熱々で肉厚でとてもジューシーでおいしいのですが、2人で食べても食べ切れないぐらいの大きさでした。(翌朝残りはしっかりいただきました。)

鶏拝といえば士林夜市や西門町にある豪大大雞排が人気ですが、こちらの悪魔鶏拝も負けていません。台湾内にいくつか悪魔鶏拝のお店があるのですが、どこが本店なのかは分かりません。悪魔だけではなく天使鶏拝も台中にあるらしく、いつか行ってみたいと思っています。

小ぶりの牡蠣がたくさん入った賴仔煎

賴雞蛋蚵仔煎

寧夏夜市の少し雙連駅寄りにある路面店の賴雞蛋蚵仔煎。蚵仔煎はよく牡蠣オムレツと訳されますが、食べてみるとオムレツとは違った食感です。片栗粉のような とろみのある生地と卵が混ぜられているので、卵だけに注目してみるとオムレツなのかもしれませんが。

なかなか食感の表現が難しいのですが、台湾を代表する屋台グルメの1つです。お店によってソースの味も違って、自分の好みを探したくなります。ちなみにこちらのお店のソースは少しピリ辛だけど、甘めな感じでした。小ぶりの牡蠣がたくさん入っていて、ぷりぷりの牡蠣がとてもおいしく食べられます。

台北で1番おいしい水餃子が食べられる!雙城街夜市

続いて紹介するのは、中山國小駅や民権西路駅が最寄りの雙城街夜市。観光客は少なめで、士林夜市や上記で紹介した2つの夜市に比べるとゆっくりと見て回れます。こちらの夜市でも好きなお店は色々あるのですが、今回はあえて水餃子の名店1つだけを紹介します。

雙城街夜市で絶対行きたい!鴻水餃牛肉麺

鴻水餃牛肉麺

雙城街夜市を訪れたら必ず訪れて欲しいのが鴻水餃牛肉麺。台湾で餃子といえば焼き餃子ではなく水餃子で、台北市内にいくつも水餃子店が存在しています。他にもおいしい水餃子店はありますが、私が忘れられない水餃子がこちらの「鴻水餃牛肉麺」です。

1つ1つ目の前で丁寧に餃子を包んでいく様子も見れるカウンターで食べると、よりおいしく感じること間違いなし!ニラがたくさん入っていて、透き通った皮からもニラの緑色が見えます。もちろんお肉も入っていて肉汁とニラのコラボレーションがたまりません!

そして、こちらのお店の特徴として付けダレに生のおろしニンニクが付いてきます。においが気になるなぁとか生の辛みが苦手・・・という方もいるかもしれません。というか、私も最初食べる前少し気になってしまったのですが、これが食べてみると「あら不思議」臭みもえぐみもないのです

それどころか、この水餃子はニラとお肉が詰まった餃子とニンニク、タレが全て揃って初めて完成されると言っても過言ではありません。ぜひ一度騙されたと思って、ニンニク入りのタレと一緒に水餃子をお楽しみください。

あ、そうだ!こちらのお店は水曜日が定休日なのでお気を付けください。

台北101近くの臨江街夜市

臨江街夜市

最後に台北101近くにある臨江街夜市をご紹介します。台湾で1番高いビル「台北101」から徒歩圏内にある夜市です。新開発された都会のど真ん中にある下町の夜市と言った感じで、小籠湯包がおいしいお店や金木犀のシロップがかかったかき氷のお店などもあるエリアです。

コスパ抜群!上海生煎包

上海生煎包

臨江街夜市からのおすすめは、上海生煎包。生煎包は焼き小籠包のことですが、横浜や神戸の中華街でも販売されているのを目にするようになりました。

こちらのお店は1皿5個入りで60元とコスパが良く、お味ももちろん言うことなく最高です! 1口サイズの小籠包ですが、一気に食べると熱々の肉汁が溢れ出して火傷をすることもあります。ぜひ落ち着いて少しづつお召し上がりください。

屋台のカウンターにいくつか作り置きもありますが、注文を聞くと鉄板で温め直してくれます。熱々の生煎包を頬張りながら、次のお店を探すのがおすすめの楽しみ方です。ホテルへ戻りながら他の夜市をはしごしてみるのも楽しいかもしれません。

まとめ

今回は台湾おすすめグルメから夜市に注目して紹介してみました。まだまだたくさん紹介したいお店はあるのですが、今回はこの辺りで!皆さんのお気に入りの台湾夜市グルメも教えてくださいね♪

これからも台湾に限らず皆様の旅行に役立つ情報をお届けにしていきたいと思っているので、このブログはもちろんYouTubeも応援よろしくお願いします。

Youtubeでも動画公開中!

こちらの記事の内容はYouTubeでも配信しています。ブログ記事と合わせて、下記の動画もチェックしみてくださいね♪